【2019年】comic1 ★ 15&character1行ってきたまとめ

comic1★15

平成最後の記事なので、今回はいつものレビュー記事とは趣向を変えて4/29に参加したコミック1とキャラクター1の感想記事を上げようかなーと。

アイキャッチや上記の画像の通り異種姦作品やらその他作品ををいくつか買ったのでそちら一言感想残しつつ、charcter1のコスプレイヤーさんや痛車の話も書いていこうかなーと思いまする。

というわけでいつものレビュー記事とは違って、僕、こんな作品買ったりレイヤーさん撮影してきたんだ、いいでしょ!と自慢するゴミ記事です。

まあたまには…ね?令和になったら通常営業するので今回は見逃して。

いないとは思うけどcomic1の話とcharcter1でググってこの記事にたどり着いちゃった人は、なんというか黒いブログでごめんなさい。責任はとらないけど。

コミック1が購入したものの話で、character1がレイヤーさん撮影や各ブランドの時のお話。

comic1

レポなら、何時に到着して何時に会場入り~とかやるのでしょうけど私がそれ書くと

  • 10:15 会場着いた、電車疲れた。めっちゃやむ!
  • 11:00 待機列動かない。めっちゃやむ!

といったりあむちゃん文章が量産され無駄なので、さっさと買ったものリストを発表してそちらの感想を書くことにします。
会場内撮影OKかわからなかったから、comic1については写真ないというのもあるしねー。

というわけで買ったものリスト一覧

comic1★15

以下は個別感想

チロルさんの収録事情&ミニキャンバス

1comic1★15

というわけでひとつめ。同人・商業両方で活躍する声優「大山チロル様」の収録事情を描いた本とミニキャンバスセット。今回のcomic1参加理由。

当ブログでレビューした作品でも

リリテイルズVioとXicaで出演されております。
ちなみにこれ買った時の売り子が大山チロル様の弟とその彼女さんだったのですが、美男美女のスーパーカップルでした。ッケ!

ミニキャンバスは横から見るとこんな感じ。意外と分厚い

2comic1★15

ミニキャンバスは可愛いという感想しかないので、本のほうをとりあえずレビュー。

内容は

  • ご本人様の収録事情
  • ご本人の知り合いの収録事情とコメント
  • ご本人が思ったこと

などなどを4コマだったり少し長めの文章だったりが描かれております。

私的にはこのえゆずこ様のお腹すいちゃった♪からのお腹が鳴るっていうミステイク?が可愛らしくてすこ。
後、相談相手は選ぼう!の4コマも面白くて好き。ちんちん爆ぜてからの、経験ないからわかんねぇ…「うんこ」って返そう!は草。

でも一番良かったのはつらつら独り言の部分。

大山チロル様twitter

大山チロル様公式サイト

三蔵ちゃんと馬

5comic1★15

当ブログではめったにレビューしない二次創作作品。元ネタはFGO。
馬の表紙に惹かれて購入。作者はハイソン様。

この記事書いてるときに読み直したら、あとがきに2と書いてあったので1もあるみたい。

内容は馬との純愛和姦もの。
腹ぼこやアへ顔といったものもほとんどなく、馬との獣姦プレイにしてはかなり珍しい作品ですね。

シチュとしては

  • 69して絶頂
  • バックで挿入して中出し
  • 正常位挿入からの立ちバック中出し

私的には精液が逆噴射するぐらいびゅるびゅる中出しされてるのがシコくてすこ。

ハイソン様twitter

師匠が海魔にヌルヌルにされる本

4comic1★15

またまた二次創作作品。元ネタはFGO。
comic1のかなりの割合がFGO作品だったらしいから私がFGOばっかり買ってるのも仕方ない。作者様は「霧島ふうき」様。

ちなみにこの作品はDLSiteでも販売してます。
師匠が海魔にヌルヌルにされる本

内容はぐだ男?(FGOちゃんと知らないから、この辺ちょっと怪しい)が用意した海魔にスカ〇ハにねちょねちょされるコミック。

凌辱ものですが、最後は海魔を倒す&自分からぐだ男に「この間のやつはもうやらんのか」と尋ねるぐらいに気にいっちゃうので、当ブログで紹介する作品と比べればエンディングは明るめ。

内容は

  • 触手搾乳・全身愛撫などで絶頂
  • 丸呑み

見た感じ挿入はなし。着衣でひたすら絶頂させられます。
服の脱がさず、着衣でひたすら嬲るのがすこ。だってスカ〇ハの服エッチだもの。

霧島ふうき様twitter

少女捕食蟲

3comic1★15

弓使いの少女が触手にぬちょぬちょされるオリジナルコミック。

表紙が可愛かったのと蟲という文字があったのでとりあえず買ってみた。作者様はArtJam様でいいのかな?サークル名な気がするんだけど、ほかに名前が見つからん…。

内容は崖から落ちた弓使いの女の子が下にいた触手生物に犯されるというシンプルなもの。

内容は

  • 触手股間愛撫で絶頂
  • 服を割いて全裸にした後、膣内に快楽液注入。膣挿入で絶頂

腹ぼこあり。

私的には触手初回プレイからの絶頂シーンが好き。

崖から落ちた後の(触手に襲われる)体位が立った状態で膝から下は触手生物に固定化。ようするに足動かせないけど、女の娘座りとか体育座りとかできない。できても椅子に座るような感じ。

その状態で、触手が太ももから徐々に股間に這い上がり責めてくるんですよ。
頑張って触手をつかんで抵抗するんですけど、ショーツ内に潜り込まれて万事休す。そのまま責められ絶頂する…。下半身から責めてくるアングルもありとってもシコかったです。

あとがき見ると、ストーリーは今後徐々に追加するとあるのでまだまだ続くっぽい。
挿入後は絶頂で終わりましたがもしかしたら、そのうち苗床になる弓矢ちゃんの姿が見れるのかもしれない

ArtJam様twitter

ArtJam様公式サイト

CHOCOCHRONECLE2&Falling 魔触の洗脳奴隷

6comic1★15

当ブログでちょこちょこ作品紹介している、天路あや様のサークル「チョココロネ」様から2作品。

CHOCOCHRONECLE2が総集編

7comic1★15

 

Falling 魔触の洗脳奴隷が新作

8comic1

 

本来なら全部読んでレビューするべきなんだろうけども、総集編の感想全部書いてたらレビュー終わらないので、今回は新作の方だけ感想を書こうかなーと思いまする。

総集編は今までのコミケなどのイベントで出した作品のまとめになってるよ!とだけ書いときます。

っで新作。

内容は邪教徒に捕われた女騎士「ベアトリーチェ=ロヴェリア」ちゃんが触手で洗脳調教され悪堕ちするというもの。
今まで当ブログで紹介した天路あや様の作品と比べると、堕ちの描写が強く射精描写が弱め…かな。

内容は

  • 頭の中をいじられ快楽感度を高められる
  • 胸を揉まれ絶頂
  • 膣に触手を複数挿入され絶頂(クリ愛撫などのシーンあり)
  • 立ちバックで2穴(膣とアナル)挿入&手コキ&フェアご奉仕でぶっかけ

堕落させようとしても無駄だ!と誇り高く宣言する女騎士が、どうぞベアトリーチェのケツマンコをご堪能下さいハートと堕ちていく姿は大変良きものでした。

後、淫紋が徐々に成長して洗脳されていく姿ってとってもえっち。

天路あや様twitter

character1

comic1後はcharacter1へ。

  • 同日開催でホールも西1,2と西3,4で同じ場所だったこと
  • 知人にレイヤーさん一杯撮影できるよ!^ ^

と言われたので、ホイホイ行ってきました。

comic1は同人系中心でしたが、character1は企業ブース中心。
物販以外にも痛車や

1charcter1

 

3charcter1

2charcter1

トークイベント、ミニライブなどの様々なイベントがあり流石の内容。並んでる人数もすごかったしねー。開幕して3時間以上たってるのに60~90時間待ちの列に並んでた方はお疲れ様でごぜーました。

出てたブースはういんどみるとかNavelとかAugestなどのうちのブログで紹介する作品とは180度反対の純愛ものゲームを発売してるブランドが中心。Triangle辺り頑張って出店してレナレイヤーの売り子はよ

まあそんなこと気にせず、各ブランドで売り子やパンフレットを配っていたレイヤーさんを紹介しつつ各公式サイトのURL張ってくよー!

ちゃんとブログに挙げていいですか?って聞いたから怒られることはないはず。もっともアップするブログが、100%アダルトでかつ各ブランドとは真逆の内容のブログだとは誰も思ってないだろうから本当にセーフかは…。怒られたら消そうと思います。

それとレイヤーさん以外はモザイクいれてあるので、微妙に見づらい画像があるのはご了承ください。

ういんどみる

まずはブランドういんどみる。

 

4charcter1

新作「はぴねす2」の桐ヶ谷璃乃ちゃんのコス。
初代はぴねすは「すもも」ちゃんと「小雪」先輩が好き。

ういんどみる公式サイト

Lump of Sugar

 

5charcter1

 

新作「若葉色のカルテット」からソフィア・クーゲル・ウェストリンちゃんのコスプレ。レイヤーさんは耳だけじゃなくて尻尾もついてました。

6charcter1
Lump of Sugarと言えば「Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-」を出したブランド。そうTrue my heartです。それ以外僕知らないけど。

Lump of Sugar公式サイト

オーガスト

7charcter1

8charcter1

新作「あいりす・ミスティリア」からアシュリーちゃんとコトちゃんのコスプレ。
クリスちゃんのレイヤーさんもいましたが、休憩時間に入られて撮影できず…。

オーガストは「はにはに」とか「けよりな」とか色々有名だから知っている人も多い…はず。私は知りませんでしたがいつのまにかソシャゲも作っていたのですね…。

オーガスト公式サイト

戯画

 

9charcter1

10charcter1

「アママネ」から涼森紗月ちゃんのコスプレ。戯画作品多すぎてちょっと自信ないけど。
ここもバルドとか、パルフェとかなんかいっぱい有名なのがあるので知ってる人も多いはず。カトレアちゃん超えるツンデレ早く出して。

ちなみに女医さん(ボクと彼女(女医)の診察日誌)のコスプレもいました。画像?カメラの調子が悪くて…

戯画公式サイト

アミューズクラフト

11charcter1

12charcter1

「絆きらめくいろは」から朱雀院椿ちゃんのコスプレ。痛車の前で撮影させていただけました。

twitterもわかったのでぺたり。

東大学部首席卒というどこぞのスーパーAIなんて目じゃないぐらい天才なので、ぜひ天才キャラのコスプレをしていただきたい所存。

アミューズクラフトって初めて聞いたのだけど、調べたら様々なブランドを統合している社名っぽい。統合している中だとユニゾンシフトは知っておりました。

アミューズクラフト公式サイト

Nexton

13charcter1

14charcter1

画像の詳細わからない!\(^o^)/
恋姫無双のチラシ持ってたからたぶん恋姫無双の新作からだと思うのだけど…。誰か教えて。

ちなみに当ブログでレビューしているディバインハートブランド「Portion」や、黒獣で有名なブランド「Liquid」も親元はNextonなので姉妹ブランドだったりします。表ではイチャイチャしてるけど裏では黒いNexton(違)

Nexton公式サイト

まどそふと

15charcter1

16charcter1

新作「ラズベリーキューブ」から、海道美琴ちゃん…でいいのかな?こちらのレイヤーさんはサービス精神旺盛で、片足上げたり様々なポーズを撮ってくれたのですが、糞カメコの私にはその瞬間を撮影できる技術はなく…。

処女作が2013年発売というかなり新しめの会社なので、知らない人も多いかもしれない。私は知らなかった組。

まどそふと公式サイト

whirlpool

17charcter1

pieces/渡り鳥のソムニウムから藍野深織ちゃんのコスプレ。
Whirlpool語ろうと思ったけど、ワイの知ってるタイトルなかったという…。にわかすぎてつらみ。

調べた感じ「猫忍」が有名なのかな?誰か教えてください。

whirlpool公式サイト

DMM/SOD

 

18charcter1_ver1

DMMゲームからMAGICAMIの遊部いろはちゃんのコスプレ。DMMは説明不要だよね。当ブログでもリンク先としてかなり紹介しているし。

レイヤーさんのtwitterも公開してたのでぺたり。twitterにインスタの画像があるからそのリンク踏むと幸せになれる…かも。

それともう一人

19charcter1

知っている人は知っているミラー号のコスプレ?です。
声聞こえないだろうなーとか思って写真上げていいか聞いたら、OKサインを出してくれたイケメン。

そういえば二次元だとミラー号的なシチュあまり見ないけどなんでだろ?うちのブログ的に1回ぐらい出てきても良さそうなのだけど。

DMMMAGICAMI公式サイト

SOD公式サイト

企業以外のレイヤーさん

本当は一般参加のレイヤーさんも撮影しようと思ったのだけど、私が言った時間が早すぎたのかほとんど会えず…(ブランドが用意したレイヤーさん撮影ができたんだけど)

そんな中撮影できたのが琴羽つばさ様。

20charcter1

21charcter1

22charcter1

ブランド「Navel」のゲーム「Really?Really!」から八重桜ちゃんのコスプレ。今思ったけどプロの娘とはいえ、一般参加でその手のゲームコスする女の娘がいるって凄いことですな。

今回はウィッグらしいですが、元の髪の毛が膝まであるらしいので黒髪ロングヘアキャラなら地毛でできるらしい。

 

twitterもあるのでぺたり。

 

当たり前だけどtwitterの自撮りとか、企業の公式アカウントとか他の撮影した人のが圧倒的に可愛いので私の撮影よりほかの人の撮影見たほうがいいですわね。慣れないことをしてはいけない。ちぃ覚えた。

とりあえず、上げていいと言われた写真はこれで全部のはず。

というわけで平成最後の記事。冒頭で書いたけど令和からはまたいつものブログに戻ろうと思います。では皆様、令和でお会い致しましょう

コメント