※各種ページにはPRリンクが含まれています。

ビースト・ブライド レビュー・感想

※ネタバレ注意

0ビースト・ブライド

作品詳細
ビースト・ブライド

出版社名 > レーベル 文苑堂 > コミックバベル編集部
著者名 斧カナ
ページ数 20
備考  

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

ビースト・ブライド レビュー・感想

民の命を守るため、魔物に犯されるお姫様の姿を描いたコミック。

最初は凛々しくても最後はいっちゃうぅ♡とハートマークつけて絶頂しちゃう姿やその過程がえっちですき。

エロまでのプロローグについて

エロまでのプロローグは、

自国の城が陥落し男達に捕まった姫・アメリア。民の命と引き換えに彼らが提示してきた条件は魔物達の相手をすることだった…!!(DLSite引用)

始まりは捕まった状態からスタート。その後

  • 回想(自国の城が陥落したことなどが描かれる)
  • 媚薬を飲んだ状態で魔物がいる部屋へ案内される

といった流れ。

プロローグのページ数は4ページほど。
下記がそのイメージ。

エロシーンについて

エロの傾向は最初は凛々しく、次第に快楽に呑まれ最後は堕ちるという王道の流れ。

プレイ相手は

  • リザードマン系のモンスター
  • ミノタウロス系のモンスター

かな。
本編では全て魔物表記の都合上、上記は私の印象になりますその点は注意。それとアメリアちゃんを捕まえた男が手を出すみたいな描写はありません。

プレイは着エロ中心。

シーンの流れは

  • 男に渡された媚薬を飲む

リザードマン

  • 押し倒され正常位(仰向け)になる。その後複数体のリザードマンに胸を揉まれながらキスをされたりクンニをされる
  • 騎乗位で2穴(膣とアナル)挿入(ヘミペニスなので1体のリザードマンに2穴挿入されます)。その後別のリザードマンにイラマチオをされ3Pに。最後は中出し&口内射精。断面図あり

ミノタウロス

  • 正常位(種付けプレス)で膣挿入される。その後バック系の体位になり最後は中出しされる。腹ぼこあり

シチュとしては腹ぼこ、それと父親の石像(石化状態なのか、本当の石像なのかは不明。いずれにしても喋ったり動いたりなどはありません)の前で犯されたり、石像の顔に潮吹きしてぶっかける描写があります。
後は比較的シンプルかな…。エロのイメージは下記。

 

セリフは最初の方(リザードマンとのプレイ)が

  • 私は諦めない!絶対に屈しない
  • 舌が全身を這いまわってる!気持ち悪い!!

上記の嫌悪や強気な描写と

  • 薬が効いてきてる…?嫌ぁ。。。奥が甘くしびれて…っ

と快楽を感じる描写が合わさって進行します。
ただこの段階では快楽を感じつつもまだまだ強気な姿や凛々しい描写が中心。中出しされる直前でもそのままイってしまいなさい!早くイケ!といった心の声が描かれるしね。

描写が代わるのはミノタウロス系のモンスターに犯され始めてから。
口ではやだ!やだ!!とか抜いて 抜いてッてばぁ~!!と嫌悪しますが、媚薬とリザードマンに犯された影響で心の声ではさっきペニスを引き抜かれてからからっぽのおなかがさみしくて…疼いて…♡と快楽描写が強くなります。

さらに男が口を滑らせアメリアちゃんの父親が死んだことを伝えると

  • 殺して!私も!!もうずっと気持ちいいの♡
  • 太いのでかき混ぜられてイッぐぅ♡
  • いやなのっそれぇ♡♡だめっだめだめだめ♡すごいのっきちゃう♡からぁあ♡♡

と快楽描写が中心に。そして最後の中出しで完全に堕ちる…という流れ。

エピローグで快楽堕ち描写はありますが、上記の流れがメインのため基本的には

  • 凛々しい姫様が嫌々奉仕する(ややムリヤリ気味)シチュ
  • 嫌悪や抵抗するも快楽に押し流されてハートマークがついたセリフを連発したり絶頂するシチュ

上記のようなエロが好みな人にオススメの作品かなーと思います。

興味があればぜひー。

DLSite
ビースト・ブライド

FANZA
ビースト・ブライド

コメント