再訪のエロトラップダンジョン レビュー

※ネタバレ注意

0再訪のエロトラップダンジョン

作品詳細
再訪のエロトラップダンジョン

サークル名C.R’s NEST
ページ数22(表紙や後書きなどを含む。抜いた場合は14~15ページ)
備考DLSite専売。pdfあり。表紙絵のふたなり有無・オナホ&ブラシ&目隠し触手各種・汁有無など多数の差分イラストデータあり

※ページ数はjpg枚数を参考にしています。

再訪のエロトラップダンジョン 感想

女魔導士と女剣士の2人が呪いを解くため、再度同じ迷宮に挑みいろエロされちゃうコミック。

頭を丸呑みされながら胸や2穴を責められたり、ふたなりペニスを搾精される描写がえっちですき。

以前レビューした「二次元コミックマガジン 絶頂快楽が止まらないエロトラップダンジョンVol.2」に描かれている「DOUBLE ACTION」という作品の続編。

DOUBLE ACTION16二次元コミックマガジン 絶頂快楽が止まらないエロトラップダンジョンVol.2

作者様は同じですが片方(前作)は商業誌で、もう片方(今作)は同人で描かれるという変わったパターンでの続編になります。ちなみに今作だけでも問題なく楽しめます(私的には前作から…と思う部分はありますがその点は最後に記載します)

というわけでエロまでのプロローグ。

ストーリーは前作ダンジョンで受けた呪いで爆乳化しちゃったマキリちゃんが、呪いを解除するために相方のナギちゃんと再度ダンジョンに挑むというシンプルなもの。もちろんダンジョン内でエッチな目にあいます。

1再訪のエロトラップダンジョン

エロまでのプロローグは1ページ。正確には1ページ目でエロ突入(前作のあらすじ説明1カット→ダンジョン挑戦カット2~3カット→1ページ目の最後のカットでマキリちゃんふたなり化)します。

なので本編は全てと考えても問題ないかなーと。

エロの傾向は一応嫌悪しつつも感じて系。ただ犯されることが分かっていること、快楽責めが中心ということから嫌悪する描写よりも快楽を感じて絶頂する描写のが強め。嫌悪はやあ…だあ…っとかそのぐらいのレベル。

プレイ相手は

  • 触手(通常触手と触手服パターンあり)
  • ローパー(触手プレイ)
  • スライム

触手多め。

エロの流れは最初にマキリちゃんが

  • 罠を踏んでふたなり化。その後現れた触手に大の字で拘束されブラシ型の触手で擦られ29回絶頂させられる。射精描写あり
  • 水たまり(と本人は思っているが実際は媚薬持ちの巨大スライム)に浸かり渡る。わたっている途中でスライムが動き出し胸やふたなりペニスを扱かれたり、2穴(膣とアナル)挿入で責められ32回絶頂させられる。射精描写あり
  • 服にとりついた触手に胸やふたなりペニスを責められたり、膣挿入されたりして18回絶頂させられる。射精描写あり

上記の流れで犯されます。

その後ナギちゃん&マキリちゃんパート(メインはナギちゃん)に移行。

  • ナギちゃんが感覚倍加共有の罠にはまった状態で媚薬沼を進み、その快感をマキリちゃんが受けお互いに87回絶頂する。マキリちゃんは射精描写あり。母乳吹き出し描写あり。

上記のプレイが描かれた後は後再度マキリちゃんパートへ。

ローパーに頭を丸呑みされ催眠ガス系の媚薬毒を浴びせられながら、ローパーのブラシ型の触手に胸を責められたり膣挿入されたり、ふたなりペニスをオナホール型の触手に搾精され92回絶頂させられる。射精描写あり。中出し描写あり。母乳吹き出し描写あり。

4再訪のエロトラップダンジョン

上記のプレイを終えてシーンは終了します。

セリフは

  • はひぁあっあ”あっあ”あ~~~~っ♥といった喘ぎ声
  • そっそこ入っちゃダメぇぇっ♥んぁあっ♥やオチンポ…お♥ 先っぽジュルジュルやぁあっ♥といった若干嫌悪や抵抗しつつも快楽を感じる描写
  • イグゥうううっ♥と叫びながらの絶頂

序盤のエロから終盤のエロまで上記の感じで描かれます。なので絶頂回数以外は大きな変化はない印象。

総評としては

  • 快楽に喘いで絶頂しながらも頑張って行動する系のエロ
  • ふたなりペニスを責められたり搾精される系のエロ
  • マキリちゃんが好みな人

上記に当てはまる方にオススメかなーと。後は最後がギャグというか明るめな終わり方なので、こういったタイプのエロが好きだけど悲壮的な展開は…という人もぜひ。

ただマキリちゃんがふたなり化して犯される点以外は前作とそこまで大きな変化はないので(前作ではマキリちゃんのふたなり化はなくナギちゃんがふたなり化)、前作を読んでいない人&マキリちゃんのふたなり化が絶対見たいという人以外は前作を読んで気に入ったらこちらも読んでみる…という流れでも良いのかなーと私的には思ったり。ページ数やお値段的に

DLSite
再訪のエロトラップダンジョン

 

コメント