蟲姦風俗店6 レビュー

※ネタバレ注意

0蟲姦風俗店6

作品詳細
蟲姦風俗店6

サークル名てるてるがーる
ページ数36ページ(本編32ページ)
備考pdfあり。DLSite専売

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

蟲姦風俗店6 感想

蟲を使う特殊な風俗店で蜂を使用しオナニーを行う女の娘を描いたコミック。

いたみとかいらくはかみひとえ。

異種姦系作品をメインに描いているサークル「てるてるがーる」様の作品。当ブログでレビューした以前の作品は下記。

ゴキ姦便所 レビュー0ゴキ姦便所

タイトルの通りシリーズものになります。ただ読んだ感じ過去作を読まないと楽しめない要素は少なめな印象(主人公が蟲姦風俗店に通って様々な蟲を試すというのがコンセプトみたい)
なのでエロだけであればこの作品だけでも楽しめるかなーと思います。主人公がどのように蟲姦風俗店に~といった流れを全て知りたい人は過去作を読むのを推奨します。

ストーリーは

毛虫の針責めを思い出し
他にも”針”を持つ蟲がいないかを尋ねた瑞奈に
受け付けは一種類の蟲を上げたが
あまりオススメする蟲ではないと説明する

自己責任ということで、瑞奈はその蟲と
蟲姦を行うことに決めた(DLSite引用)

というわけで、以前(過去作)のプレイで毛虫の針責めにはまった主人公「瑞奈」ちゃんが、毛虫と同じ針責めを行ってくれる蜂とのプレイを体験する…というのがストーリーのメインになります。

エロまでのプロローグは表紙など含め5~6ページほど。流れは

  • 瑞奈ちゃんが毛虫以外に針責めしてくれる蟲がいるか店員さんに聞く
  • 店員さんにオススメはしないけど蜂がいることを教えられる。瑞奈ちゃんは自己責任という形で承諾
  • プレイを行う部屋へ

上記の流れ。

エロシーンは

  • 胸に蜂を誘導する液体を塗り刺される。失禁後的な(股間が濡れている)描写あり。刺された後胸を触りオナニーし絶頂。アへ顔あり
  • クリに液体を塗り蜂に刺されたり噛まれ絶頂潮吹き(失禁かも)。その後胸を触ったり手マンでオナニー。アへ顔あり
  • 膣やアナルに液体を入れ蜂を誘導。その後蜂に膣とアナルに潜り込まれ体内で刺されたり噛まれ絶頂潮吹き(失禁かも)。鼻血などの出血あり。アへ顔あり

針を刺して責めるので人によってはリョナ描写に感じるかも。事後あのまま責められていたらショック死していたとか言われてるし中々のハードプレイ。

その他好みが分かれる点としては本番描写がない点。
蟲に犯されるというより蟲を使ってオナニーを行うという感じの作品なので、その辺がどれくらい好みかで実用性が変わるかなーと。

エロの傾向は…なんだろ?ドM娘が痛みと快楽で責められる徐々に嵌っていくとかかな。
流れとしては乳首に蜂を誘導する液体を塗り刺される。

この時強烈な痛みを感じるもののそれと同時に触れるだけで絶頂するほどの媚薬毒を流し込まれ快楽も与えられます。
この快楽の虜になった瑞奈ちゃんは

クリ、膣内やアナルの中…とより敏感な部分に液体を塗ったり流し込み蜂を誘導していく…という流れ。

最初は未知の状況のドキドキ感や刺される恐怖を感じつつ、後半を刺される恐怖を感じつつも快楽を求めてよりハードで危険なプレイを行うという感じ。

この最初はおっかなびっくりだったのが、快楽にはまり徐々に大胆になっていく過程がみどころかなーと。

総評としては蜂を使ったオナニー系エロの作品。
好みが分かれる作品ですが蟲のサイズが現実と同じだったり女の娘の反応が凌辱や快楽堕ちでは見られない反応だったりと珍しいエロが見れるので性癖に合致している方はぜひ。

DLSite
蟲姦風俗店6

コメント