2020/02/23 エロシーン詳細に修正をいれました。確認はしましたがクリックしてもシーン詳細が見れないなどの問題がありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編 レビュー

※ネタバレ注意

1聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

作品詳細
聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

ブランドZION
ゲームジャンルアドベンチャーゲーム
ボイスあり
プレイ時間約50分(プロローグ含まず)
体験版あり
備考DLSite専売

どんなゲーム?

一般的なアドベンチャーゲーム。雰囲気及び動画は下記のレビューを参考にしてください。

聖光天使ノエル 第1章 異種姦デスマッチ編 レビュー1聖光天使ノエル 第1章 異種姦デスマッチ編

聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編 感想

魔物と戦う魔法少女を描いた、ブランド「ZION」様が送る魔法少女シリーズ第5弾…の4章。

ついにきた半堕ちノエルちゃん!

前章のレビューはこちら。

聖光天使ノエル 第3章 淫魔妄想遊園地編 レビュー1聖光天使ノエル 第3章 淫魔妄想遊園地編

ストーリーは3章の続き。

3章で夢の世界にとらわれたノエルちゃんでしたが、夢魔を倒したことで無事に目を覚まします。しかし寝ている間に魔物による現実世界の侵食はより深刻に。
状況を知るためにノエルちゃんとアンジェラちゃんは街に出向きます。そこで魔王ファルスの罠にはまってしまい…という流れ。

罠にはまり魔王にとらわれてしまったノエルちゃんは7つの大罪という名のもと凌辱される…というのが大まかなストーリー。
もっとも4章では6つの大罪(エロシーン)までで、7つ目は5章以降でという形で終わっちゃうけどね。

プレイ時間は約50分ほど。選択肢はなし(本編の話でプロローグにはあります)。読み進めればエロシーンは自動的に回収されるので迷うことはないでしょう。

 

エロシーンはプロローグを除くと全部で6シーン。プロローグのエロは1章のレビューにまとめているのでそちらを参考にー。
4章は全てノエルちゃんのエロシーンになります。

テキストの長さは3章とだいたい同じで長さ平均的。全シーン数回戦あり。

プレイ相手は

  • 触手
  • 対人

の2パターン。今作もプレイ相手は少な目。
4章のエロの特徴は何といっても衣装。

5聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

この章の終わりで、半堕ちは終わる(もしかしたら5章、6章で出てくるかもしれないけど)ので半堕ち衣装でのプレイが見たい!って人はこの章に注目しておくといいかも。

シチュは耳姦からの脳姦、ニプルファックに膨乳化、アへ顔要素辺りが印象的。後はそこまで極端なものはなかったはず…。細かいエロはエロシーン詳細にて。

キャラ:ノエル 
1
プレイ相手触手
ノエルの服装着衣(半堕ち)
シチュ駅ビルの大型ビジョンに映され一般人に見られながら犯されるシチュ。大量の触手を相手に手コキを行う。ぶっかけ。ぶっかけは手コキをしていない触手を含めてぶっかける。2回戦目はノエルが自らフェラと手コキを行い口内射精&ぶっかけられる。
備考 
2
プレイ相手触手
ノエルの服装着衣(半堕ち)
シチュ駅ビルの大型ビジョンに映され一般人に見られながら犯されるシチュ。ニプルファックで絶頂しながら胸の中に射精される。2回戦あり。2回戦後膨乳化
備考

参考画像

4聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

3
プレイ相手一般人(男モブ)
ノエルの服装着衣(半堕ち)
シチュ駅ビルの大型ビジョン&目の前で一般人に見られながら犯されるシチュ。ポールダンスで男たちに胸や股間を見せつける。興奮した男たちに膣内にお金を詰め込まれ絶頂。その後一番ノエルにお金を入れた男がノエルに膣挿入中出しする。中出しと同時に絶頂。
備考

参考画像

2聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

4
プレイ相手一般人(男モブ。複数)
ノエルの服装着衣(半堕ち)
シチュ輪姦プレイ。手コキやイラマチオ、乳首引っ張り、見抜きなど。プレイ中に何度か絶頂しながら最後はぶっかけ&口内射精される。2回戦あり。アへ顔あり。
備考 
5
プレイ相手魔王の手下(触手プレイなので見た目は不明だが女神三人衆らしい)
ノエルの服装着衣(半堕ち)
シチュ魔王の手下たちに罵倒された後、イラマチオ&耳姦で絶頂。絶頂後もプレイは続き最後は口内射精、耳の中(脳内に向けて)で射精。2回戦あり。アへ顔あり。
備考

参考画像

3聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

6
プレイ相手機械&触手
ノエルの服装着衣(半堕ち)
シチュ両足を曲げると膣に触手が挿入される(両足を伸ばすと機械が自分から離れるので挿入されない)機械で犯され絶頂。絶頂後もプレイは続き最後は中出しされる。2回戦あり。アへ顔あり。
備考 

 

エロの傾向は嫌悪からの快楽堕ち、もしくは快楽堕ちからスタート。

嫌悪要素は快楽から目を覚まし素に戻ったとき、もしくはプレイの最初ぐらい。その時はもうイきたくない…とかオマンコと乳首が……ひりひりしちゃうぅ。ああもう……ますます濡れちゃいそう。そんなの……いやなのにと否定しますが、プレイが中盤まで進むと一変。

嬉しそうに自分からフェラを行い、すっごいよぉぉぉ…オマンコもクリも乳首もいーっぱいあるぅぅ、ああん、イっちゃうのぉぉ…むおおお!と喘ぎます。

しまいには

2聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

フフンー♪ フン♪ フン♪と鼻歌を歌いながら男たちの劣情を煽るため自分で秘部を開いたり、うるさい! 淫乱雌豚でけっこう!好きなだけ呼べばいいわ。と激怒したり…とビッチな姿を見せてくれます。

エロの傾向やプレイに対人プレイが数シーンあり、今までのシリーズと比べると異端な感じが強い4章。半堕ち衣装でのプレイなど見どころもありますが、総評としては好みなら検討してみるといいかなぐらいで。

次章への繋ぎ的な感じも受けたので、5章、最終章に期待したい。

DLSite
聖光天使ノエル 第4章 七つの大罪・最終戦編

コメント