神楽黎明記~なずなの章~ 体験版 レビュー

この記事内の画像および動画は「でぼの巣製作所」様から使用許諾を得て掲載していますので、いかなる形での転載も禁じます。

神楽黎明記~なずなの章~

 

(C)Debonosu Works.

サークル名でぼの巣製作所
ゲームジャンルローグライク
ボイスあり

 

感想

発生した妖怪を退治するため、退魔巫女なずなちゃんが奮闘するローグライク。

このブログでレビューし続けている、神楽退魔巫女シリーズ。

前作レビューはこちら

神楽黎明記~小春の章~ レビュー

今作は金髪で(設定上、もしくは他キャラと比べると)貧乳の強気系巫女。
にしても北都さんも声優として長いなぁ…。

それと公式サイトを見る限り、このシリーズはここでいったん打ち止めかも。今後どうなるか期待したいところですがとりあえず今作の紹介から。

 

プロローグは主人公、雷道なずなちゃんが電話をしているシーンからスタート。

なずな電話中

話としては大賀温泉郷の怪異を解決し休息をとっていたところに、深杜神社の神主から新たな仕事の依頼が舞い込む…という流れ。

依頼内容は神社近くの霊脈が汚染され大量の妖怪が発生したので霊脈の調査に向かう…とこれまでのシリーズ同様ざっくりな感じ。

大賀温泉の郷の怪異を私は知りませんが、道中記とかやってるとわかるのかな?その辺を知っているとより楽しめるのかもしれませんが、この作品はローグライク&エロをメインにしているので知らなくてもとりあえず問題ないかと思います。

 

プレイした感じなずなちゃんは強気な面というかはきはきした性格ががっつり表にでてますね。前作が小春ちゃんなのでより目立つ。この性格がエロ方面ではより発揮されるのですが、それはエロシーンで記載します。

体験版ではステージ1のボスクリアまでプレイ可能。ステージ1は沼。

背景に力が入っているのもこのシリーズのいい所。

システムは特に変わった点はなし。今作の武器は槍。2マス先まで攻撃可能で、体験版をプレイした感じ今までのシリーズ同様ステージ1は楽しみながら遊べる内容。

難易度が上がった感じもないので本編も難しくないとは思いたいんですが、今作はいぶきの章にいた疫病神が出るっぽいんですよねぇ…。他の敵キャラによっては後半ちょっときつくなるかもしれない。

 

エロは

  • 鉄鼠
  • 油すまし
  • 骸骨武者
  • 山地乳

の4妖怪のシーンを閲覧可能。油すまし以外は全て新規。

サンプルの3シーンのうち2シーンは山地乳

山地乳

と骸骨武者

骸骨武者

骸骨武者と言いつつプレイは触手(卵産み付け)

後1シーンは

不明なモンスターとのプレイ

新規モンスターっぽいので詳細は分かりませんが、

上記動画の葉っぱ持ちの妖怪かなあと。サンショウウオみたいなそんなん?

ちなみに上記動画を見ると

  • 金槌坊
  • 疫病神

が登場するのが確定してます。金槌坊は小春の章に画像が、疫病神はいぶきの章で動画でエロが見れるのでもしよければそちらを参考に。

それに加え公式サイトから引用させていただくと、

百々目鬼

百々目鬼が出てくるので、現状7体の妖怪の詳細が分かっております。後2体は本編発売後お楽しみに!といった感じですね。

エロは嫌だけど身体は感じちゃう系の快楽負け系のエロ。この辺りはいつも通り。ただなずなちゃんの性格もあり犯される際はモンスターに

鉄鼠となずな

悪態をよくついたり(上記は鉄鼠)

最後の中出しまで嫌悪したりと今までより抵抗や嫌悪要素が強くなった感じを受けました。

この神楽黎明記シリーズは挿入までは嫌悪要素が強いんですが、挿入以降は感じはじめ女の娘がイッちゃうと言った次辺りに中出しされ同時に絶頂するというパターンが多く、射精を嫌がるシーンって意外と少ないんですよねぇ(前章が小春ちゃんだからというのもありますが)

個人的には悪態をついたり中出しを嫌がる女の娘がとっても大好きなので、シリーズの中では結構期待しております。製品版が出るのが7月13日。待ち遠しい…。

DLSite
神楽黎明記 ~なずなの章~

DMM
神楽黎明記 〜なずなの章〜