DLSiteでGW割引キャンペーン実施中! 当ブログの割引商品はこちらからどうぞ

ゲーム館は潰す方向にしました。理由はこちらに記載しました。

画像が見れない、記事がおかしいなどおかしな点があればこちらからご連絡いただけると助かります。

割引・タグ検索ページ
カテゴリー一覧
新規記事以外の更新履歴

2018/04/13 村娘は森の苗床がDMMで発売されました

2018/04/10 オーガズムユニットEX-魔法戦士あかり8話が追加されました

【関西弁退魔巫女】神楽黎明記~いぶきの章~ レビュー

シェアする

※ネタバレ注意。また記事内の画像および動画は「でぼの巣製作所」様から使用許諾を得て掲載していますので、いかなる形での転載も禁じます。

(C)Debonosu Works.

ブランド名 でぼの巣製作所
ゲームジャンル RPG
ボイス あり
プレイ時間 2時間ほど
体験版 あり
備考

どんなゲーム?

ストーリー性ありの短編ローグライクRPG。
ローグライクというのはダンジョンに入るたびにマップやアイテム配置が変わり何度も遊べるのが特徴のゲーム。分からない方は体験版をプレイ。プレイ動画は

神楽黎明記~莉音の章~ レビュー
神楽黎明記~紫の章~ レビュー

を参考に。ちはやの章で買いましたが神楽シリーズのプレイ動画は容量喰うので…すみません。

敵に敗北するとゲームオーバーになりエロシーンに突入。エロシーンの一部動画は感想にて。

感想

退魔巫女いぶきちゃんが、ダイダラボッチを鎮めるため戦うローグライクRPG。

というわけで、神楽黎明記第4弾、いぶきの章です。
いぶきちゃんの関西弁かわええ。声優さん素晴らしや。

前章はこちら→神楽黎明記 ~ちはやの章~ レビュー
またタグの「神楽巫女シリーズ」を押すと、神楽黎明記の一覧が見れるので興味がある方はぜひ。

ストーリーは退魔巫女いぶきちゃんが、お仕事の依頼でとある島に渡り異変を解決するというシンプルなもの。
ただし依頼してきた相手は…

妖怪のダイダラボッチ、正確にはダイダラボッチの和魂(にぎみたま)からの依頼。依頼内容は自身のもう一つの魂である、荒魂(あらみたま)を鎮めて欲しいとのこと。

ダイダラボッチという強大な妖怪を鎮めるという依頼に尻すぼみするいぶきちゃんですが和魂のダイダラボッチに

  • 和魂と喧嘩したことで、荒魂の力が弱っている
  • 一時的に力を封じられればいい

といろいろ言われた結果…

了承。かくして、いぶきちゃんのダイダラボッチ討伐が始まる!…と言うストーリー。

今までの3人は半人前でしたが、今作は一人前の退魔巫女というのが今までと違う点。
といってもストーリーは他の章と比べてそこまで変わりません。敵を退治して最後は笑顔でハッピーエンド。バッドエンドはなし。

もともとがストーリー性を楽しむより、キャラ魅力やローグライク、エロを楽しむ作品ですしね。

システムは今まで通りのお供の妖怪ありのローグライク。ただ今作は「神楽黎明記 ~莉音の章~」のデータがあると

アイテムが引継げる仕様に変わりました。今回はアイテム引継ぎだけなので、莉音の章がないと楽しさ半減…みたいなのはなさそうですが今後はくるのかもしれない。

ダンジョンはひとつで階数20F程度。
ひとつのダンジョンにいくつかステージがあり一定階層まで行くとステージボス戦に。そいつを倒すと次の階層からは別のステージへ…といった作り。

今作は森

紅葉道

山が舞台。

※山については公開禁止なので買って確認してね!

個人的には紅葉道が綺麗。

拠点システムは特に変わりなし。しばらく待っていると

笑顔で迎えてくれるのも変わりません(可愛い)

難易度はいつもと同じように

  • イージー
  • ノーマル
  • ハード

とあり。私もいつものようにノーマルで遊びましたが、今までと比べると難易度が高く感じました。
その理由のひとつが紅葉道から山に出現する疫病神。

攻撃すれば何かしらの状態異常、攻撃されても何かしらの状態異常、おまけに疫病神自身が状態異常になるとパワーアップするっていう…。運が悪いと、一方的に殴られ続けることになるのでかなり面倒な相手でした。

他にもラスボスのダイダラボッチ。

ダイダラボッチ自身もそれなり強いんですが、それ以上に戦うマップが罠だらけで下手に動けないのが厳しい。しかもマヒ、毒、鈍足とあらゆる状態異常にかかる祟りの罠というものが多く仕掛けられているのがなんとも…。初めてがっつり妖怪強化を使って勝負に挑みました。

前者の疫病神はいいとして、後者のダイダラボッチ戦は人によってちょっと評価分かれるかなぁと感じました。個人的にもラスボス戦でボスじゃなく罠のせいで敗北したというのは空しいのでボス自体を強くしてほしかったですね。

プレイ時間は2時間程度。エロ回収含めても2時間半程度で終わったので、ボリュームとしてはいつも通り短め。

エロのシーンの回想は敵を倒すとランダムに落とす言霊というアイテムか、敵に敗北することで回収可能。
前章のちはやでは運が悪かったのか回想解放のランダムアイテムがあまり落ちなかったんですが、今作は結構な頻度で落ちてくれたのでサクッと解放できました。

ということでお待ちかねのエロシーン。エロシーンは9妖怪、各2回の全18シーン。全シーン巫女服着ての着エロで処女(破瓜時血が流れる)・非処女の選択肢あり。
ただ今作では確認した感じアニメーションエロはなし。これから追加されるのかな?

3月17日に起動したらアップデートにてアニメーションエロが追加されたの確認できました。アニメーションはダイダラボッチの1回目のプレイ。

ひとつしかないのは残念(今までの作品では2つ)ですが、触手アニメーションの時みたいに違和感をそこまで感じませんでしたし、なめらかに動くしと個人的には良かったです。

やっぱり触手系の妖怪より人型系の妖怪とのプレイをアニメーションした方が実用度上がる気がする。

妖怪は

  • 木霊(植物触手プレイ)
  • 油すまし
  • 畳叩き
  • ヒダル神
  • 泥田坊
  • 火車
  • 疫病神
  • 野槌(丸呑み触手プレイ)
  • ダイダラボッチ

のラインナップ。ついに全作出演の皆勤賞は油すましさんだけになりました。
DLSiteなどにあるサンプル画像は畳叩き

油すまし

木霊(植物触手プレイ)になります

内容は初回は、嫌や!とか動くなぁ…と嫌悪するけど身体は身体は感じちゃう系のエロ。2回目は1回目より嫌悪が減って自分から快楽を求めちゃう系のエロの基本2パターン。

今作はちはやの章と違って触手的な存在よりもモンスター系が多め、そして特徴的シチュが多いのが印象的。

例えば畳叩きは想像つくと思いますがスパンキングしながらの挿入、泥田坊は泥プレイ、野槌は丸呑み触手プレイとはまる人ははまる内容。
私的には疫病神とのプレイが好み。

悪臭でいややっ!近寄るなっ!とえづきながら無茶苦茶嫌悪して抵抗するんですが結局犯され最後は、イカされてまうぅ……っ! こんな奴に……こんな汚い奴にぃ…っ!と心の中で文句を言いつつ絶頂させられ中出しされる。

この屈服させてる感と汚した感が出てるエロが非常に良かったです。

ただ全体的にみてエロはかなり人を選ぶかなぁと。

シチュ(スパンキングしながらの挿入など)もそうですが、

  • ヒダル神は本番なし
  • ダイダラボッチのペニスは表現がキノコと表現される
  • 色に合わせるためか火車の精液はオレンジっぽい色で統一

とプレイや文章も人を選ぶ点が多くあるなと感じました。

莉音ちゃんや紫ちゃんのように、妖怪が犯して普通の精液を中出しするエロや、卵植え付けみたいなエロを求める場合は注意した方がいいかなぁと。

まとめ

私的には関西弁いぶきちゃん可愛いし満足。エロもツボをつくようなエロあったし。
ただ客観的にみるとゲームとしてもエロとしても今作は癖が結構目立つので、オススメかと言われるとうーんといった感じではあります。

いぶきちゃんというキャラ事態が好みであれば問題ないですが、気になる程度であれば体験版をプレイするか前3章のどれか気に入ったものをやって気に入れば…といった方がいいかなぁ。

DLSite
神楽黎明記 ~いぶきの章~

DMM
神楽黎明記 ~いぶきの章~