※各種ページにはPRリンクが含まれています。

妖魔摩天楼2 レビュー・感想

※ネタバレ注意

0妖魔摩天楼2

作品詳細
妖魔摩天楼2

サークル名 はめんず
ページ数 37(表紙などを含む)
備考 DLSite専売。pdfあり。

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

妖魔摩天楼2 レビュー・感想

新米の忍びが拘束され触手に凌辱される過程を描いたコミック。

触手に絡みつかれる姿がえっちですき。

サークル「はめんず」様の妖魔摩天楼の続編になります。
前作のレビューは下記。

妖魔摩天楼 レビュー0妖魔摩天楼

エロだけを楽しむ場合はこの作品のみで楽しめますが、ストーリー内に前作のあらすじ的なものはないため(DLSiteの作品紹介などのみ記載っぽい)、ストーリー含めて楽しみたい方は前作から読むことを推奨しておきます。

エロまでのプロローグについて

エロまでのプロローグは、

新米忍びが数々の凌辱を受け気絶をしている間に運び出された先は、神谷の研究所(ラボ)。
そこで待ち受けていたものは、「魔界の怪物(モンスター)」と呼ばれる触手の集合体であった――。

サンプルデータを取るため彼女を実験の被験者にしようと、怪物を解き放つ神谷。

「私を舐めないで!! アンタの思い通りにはならないから!」

異形の化け物を前に強気の姿勢を崩さない彼女だったが、
切っても切っても生えてくる驚異的な再生能力に太刀打ちできなくなり、ついには怪物の餌食に――(DLSite引用)

上記の通り。

プロローグ(忍びの女の娘が触手に拘束されるまで)は10~11ページほど。
下記がサンプルになるかな…。

1妖魔摩天楼2

エロシーンについて

エロの傾向は嫌悪しながらも感じて絶頂する系。
最後はイグ♥などと言いながら絶頂して壊れる系なので自分から求めるタイプの快楽堕ち要素はなし。

プレイ相手は触手。
全シーン着エロで露出は最後まで股間部分のみ…とこの辺は前回と同様。

シーンの流れは

立った状態で手→首→下半身と触手に絡みつかれ胸を揉まれたり乳首を責められる&股間を責められる。その後特殊体位(空中でM字開脚)にさせられ素股→細い触手を何本も膣挿入される。乳首をいじられながら子宮の方までピストンされ最後は絶頂。絶頂と同時に中出しされる。断面図あり。

特殊体位(180度開脚したまま空中に持ち上げられた感じ。挿入後は立ったような形で空中固定)で拘束。その状態で巨大触手を膣挿入される。途中からバックのような体位で乳首責めや2穴(口とアナル)挿入され何度か絶頂。最後は口内射精&中出し。腹ぼこあり。精液ぼて腹あり。事後触手を抜かれ大量の精液が膣内から溢れ出る描写あり。アへ顔あり。

上記がメイン。
その他事後描写でイラマチオや耳に触手を挿入されて責められている描写あり。

セリフですが最初の挿入~射精までが

  • あ!ちょッ!!コイツ!!どこ触ってんの!
  • いやあぁ!!ダメダメ―駄目だってばー!!

と強気な描写と

  • なにコイツ…ヘンなとこばっか触ってきてぇ…
  • これ…ダメぇ…何も考えられなくなってる…
  • 体の外も中も全部気持ち悪いだけなのに勝手に体が反応しちゃってる

と感じ、あ”ッくぅくーーッなどと声をあげる描写がメイン。
2回戦目は巨大な触手を挿入されたことと1回戦目の影響で

  • でかすぎ!無理ムリむりだって!!ウソーマジで!?そんな…
  • おくぅダメぇもう入ってこないでぇ~ッあ”♥
  • こんなの知らない!!ヤダ!!もうイキたくないッ!!

と助けを懇願する描写や絶頂させられる描写が増えていくという流れ。
喘ぎ声もあ”♥といったハートマークがついたものや、オ”ッオ”オ”~~~~ッといった下品なものが増えます。

最後の方まで上記のような形なので前作と同じく嫌がってる女の娘を犯すエロが好きな人の方が渋るかなーと。

見た印象としては

  • 触手プレイ
  • ハートマークがついた下品に喘ぐプレイがある

上記以外は前作に近かった印象。なので前作を読んでいる人は触手プレイや女の娘が好みかどうかで手を出すか決めると良いでしょう。

前作を読んでいない人は

  • ぴっちりスーツ系の女の娘×触手エロが好き
  • ハード目のエロ(腹ぼこや中出しされた影響でぼて腹化するなど)が好き
  • 頑張って抵抗するけど、結局は犯されて感じて下品に喘ぐエロが好き

上記にティンとくればぜひー。

あ、サンプルにあるテキストが色付きの画像は含まれていないっぽいのでその点は注意。

DLSite
妖魔摩天楼2

コメント