全自動機械調教プログラムMedic レビュー

※ネタバレ注意

0全自動機械調教プログラムMedic

作品詳細
全自動機械調教プログラムMedic

サークル名55%
時間数約36分
体験版なし
備考 

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

全自動機械調教プログラムMedic 感想

巨大企業に対抗するレジスタンスに所属する女の娘が囚われ治療と称して機械調教をされるアニメーション作品。

いつ見てもラバースーツが凄い。

ラバースーツ×機械姦×アニメーションが特徴のサークル「55%」様の作品です。当ブログでの直近のレビューは下記。ちなみに話の繋がりは一切ないので今作からでも問題なく楽しめます。

全自動機械調教プログラム2 レビュー0全自動機械調教プログラム2

ストーリーは

機械兵器の力で人々を支配する巨大企業「亜空電機」とレジスタンス達が戦う未来の東京。

レジスタンス所属の衛生士であるヒロイン「メディック」は、亜空電機によって基地を襲撃された際に囚われの身になってしまう。

亜空電機の地下治療施設に連れてこられたメディックは、治療と称した機械調教の実験台にされてしまうのだった…(DLSite引用)

上記の通り。
襲撃されメディックちゃんが囚われるまでのオープニング動画が1分ほどあります。

動画の総時間数は約36分。
全裸バージョンとラバースーツバージョンの2種類があるので総合計だと約72分になります。

ちなみに今回は前作、前々作と違って

  • オープニング.mp4
  • 01_性器洗浄ブラシ.mp4
  • 02_遺伝子組換産卵.mp4

上記の感じで内容が各ファイルごとに分かれました(今までは1つのファイルに全シーンはいっていました)

エロシーンは全部で5つ。個別の内容や時間は

タイトル:性器洗浄ブラシ(やわらかブラシで性器を丹念に清掃)

  • 内容:媚薬入りの洗浄剤で性器を丹念に清掃。女の娘座りでブラシで股間を擦られる。絶頂描写もあり。冒頭に拘束描写なども描かれるので実際のプレイは5分ほど
  • 時間:10:38

1全自動機械調教プログラムMedic

 

タイトル:遺伝子組換:産卵(謎のおくすりで卵を産める身体に)

  • 内容:目隠し・ボールギャグを付けた状態でM字開脚(つま先立ち。ヤンキー座りに近い)で、肩から薬品を注入され、股間にデンマ的な機械を当てられながら産卵させられる。冒頭に拘束描写なども描かれるので実際のプレイは4分半分ほど
  • 時間:6:50

2全自動機械調教プログラムMedic

 

タイトル:就寝時間(微弱なバイブを挿入されたまま拘束され放置)

  • 内容:バイブを挿入された状態で鎖でベッドの上で正常位(仰向け)で拘束。途中胸に睡眠剤を注入され強制睡眠。その状態でもバイブ責めが行われる。寝ている最中愛液が垂れるような描写あり。
  • 時間:5:23

3全自動機械調教プログラムMedic

 

タイトル:ヒトイヌのさんぽ(長い長い廊下をひたすら四つん這いで散歩)

  • 内容:空中浮遊する機械と鎖でつながれる&ボールギャグをつける&2穴にバイブを挿入された状態でバック(四つん這い)で廊下を歩く。空中浮遊する機械が飼い主といった感じ
  • 時間:5:06

4全自動機械調教プログラムMedic

 

タイトル:連続尿検査(大量の媚薬を飲まされ、タンクいっぱいまで強制排尿。電気ショック付き)

  • 内容:目隠しされた状態で椅子に座り拘束。その状態で透明な容器とつながったカーテルを尿道に挿入、乳首や股間に電気パッドのようなものをつけられる、媚薬が入った容器から出ているチューブを口に加えさせられ放尿(失禁かも)プレイ。途中から電気ショックを与えられた放尿(失禁)を促す描写あり。
  • 時間:6:58

5全自動機械調教プログラムMedic

 

今回は全シーン機械的なものを使ったプレイが描かれます。

アニメーションの雰囲気は下記。

 

エロの流れは様々なアングルでメディックちゃんを魅せつつ、暗転などを使用し徐々にエロを進行させていくスタイル。最初の性器洗浄ブラシを例としてあげると

  • 立っている状態で全身を様々なアングル(メディック視点もあり)で映される
  • 暗転
  • 女の娘座りの状態で拘束される
  • 暗転
  • 女の娘座りの状態で全身を様々なアングル(メディック視点かあり)で映される。その後媚薬入りのブラシが地面から現れメディックの股間を擦り始める
  • 暗転
  • 媚薬入りのブラシで股間を擦られる。その様子を様々なアングル(メディック視点もあり)で映される
  • 暗転
  • 媚薬入りのブラシで股間を擦られる。上記よりも喘ぎ声が大きくなり表情も感じている描写が強くなる。最後は絶頂。絶頂後息が絶え絶えになった状態になる。その様子を様々なアングル(メディック視点もあり)で映される

上記のような感じ。後半になると感じる描写が強くなったり、プレイが過激になっていきます。

好みが分かれる点としては

  • プレイは全て絶頂描写のみ
  • ボイスは1ヵ所あるセリフを除き全て喘ぎ声のみ
  • マニアックなプレイがある(特に2つ目「遺伝子組換:産卵」と最後の「連続尿検査」)

の3点。
今までの作品と注意点はほぼ同じなので、今回も今作から興味を持った人向けの注意書きになるかな…。

総評としては

  • 機械姦が好きな人
  • ラバースーツを着た状態でのエロが好きな人

にオススメの作品。前作は若干機械姦?となったエロも多かったですが今作はタイトル通りの内容でした。

後は好みが分かれる点にあげたマニアックなプレイが逆に好きな人もはまれるかも。容器がいっぱいになるまで放尿させられたり、数分間かけて産卵(数回あり)するアニメーションが描かれるというのは他では早々見れないと思うので…。

私的には性器洗浄ブラシのエロが好みだったかな。事中もよかったですが事後のビクンビクンする描写や荒い息遣い、トロンとした目が好きでした。

1全自動機械調教プログラムMedic

DLSite
全自動機械調教プログラムMedic

FANZA
全自動機械調教プログラムMedic

コメント