怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~ レビュー

※ネタバレ注意

怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~

作品詳細
怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~

サークル名かまつばきんめ
ページ数本文40p+表紙他4p
備考DLSite専売。pdfあり。

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~ 感想

怪異に魅入られた少女が数年の時をえて凌辱されるホラーコミック。

リアルとアンリアルの狭間のエロいいぞ~。

ストーリーは

あの夏の日、家の裏山で私は『彼』と遭遇した。
とっさに八尺様だと思ったけれど、私の身体を弄んだその姿は女性ではなく男性で…?

それから数年後。あの衝撃が忘れられず、
夜な夜な一人で慰めていた私の前に『彼』がもう一度現れた――(DLSite引用)

上記引用した通り「出会い編」と数年後の「再開編」の2つがあります。あ、出会い編と再開編は私が勝手につけただけなのであしからず…。

っで出会い編のプロローグですが…

友達との会話で八尺様の存在を知った今作の主人公「詩織」ちゃん。八尺様は男の子しか連れていかないから大丈夫!そう聞いて安心していたのですが、ある日裏山で遊んでいたところ男性のような八尺様に魅入られてしまい…という流れ。イメージは下記のサンプルを参考にー。

そして再開編。上記の出会い編で強烈な快楽を叩き込まれた詩織ちゃんは夜な夜な自慰に耽る日々を送ります。そして数年後のある日の夜。自慰の最中に窓の外から友人からあけてと呼ぶ声が聞こえてきます。慌ててカーテンを開ける詩織ちゃん。するとそこには八尺様が。

開けちゃダメだと心の中ではわかっていた詩織ちゃんでしたが、八尺様の一言でそんな気持ちとは反対に窓の鍵を開けてしまい…という流れ。こちらも下記のサンプルを見ていただくと分かりやすいかな…?

エロシーンは

出会い編

  • 座った状態で服をめくられ乳首をいじられる。最後は絶頂

再開編

  • 座った状態(M字開脚)で自慰。乳首や股間をいじくる。絶頂などはなし
  • ベッドの上でクンニされる。最後は絶頂
  • 正常位で膣挿入中出し。射精直前腹ぼこあり

2部ストーリー制の都合上ページ数からするとがっつりと凌辱されるエロシーンはやや少な目。この点が人によって好みが分かれる点かも。

特徴はなんといっても現代を舞台にしたホラー要素。

  • 魅入られた後数年後に不意に現れる
  • よく考えたらおかしいのにその時点では気づかず対応してしまう(夜中に2階の窓から呼ばれるなど)
  • エピローグでは詩織ちゃんと怪異以外(主に家族と家の中)はバッドエンド

などなどホラー演出や怪異に犯されたらどうなるか?といった部分に力が入っている印象を持ちました。
このホラー要素とエロが合わさったところ見どころかなーと。

エロの傾向は一言でまとめるなら快楽堕ち系。

ただ純粋に気持ちぃ♡♡きもちいぃよぉぉ♡とかこのまま…セックス…しちゃうのかなぁ…♡みたいな平和な快楽堕ち描写は再開した後の挿入前ぐらいまで。

出会い編では恐怖を感じながらも

4怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~

乳首を徹底的に責められも、だめっ だめ…ぇっ!と絶頂する描写ですし、再開後の挿入直前(ペニスを見せられた辺り)からは正気を取り戻し、いざ挿入されたら抜いてっ!!と懇願したり

8怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~

膣内…出されたらどう…なるの…?という恐怖から、出さないでッお願いっ…あ”あ”あ”あ”あ”あ”膨”れ”て”る”ぅ”ぅ”こわ”い”ぃ”っ こわ”い”よ”ぉぉと快楽は感じるものの恐怖や懇願する描写が中心になります。

なので快楽堕ち系ではあるのですが抵抗や嫌悪、懇願する女の娘のエロが好きな人の方が実用的かなーと思います。
ホラー系エロが好きな人であれば楽しめると思うのでぜひー。

DLSite
怪蝕スル澱 ~山で怪異に魅入られた私~

コメント