Connect-少女は触手と愛をつむぐ- レビュー

※ネタバレ注意

0Connect-少女は触手と愛をつむぐ-

作品詳細
Connect-少女は触手と愛をつむぐ-

サークル名観用少女
ページ数44ページ(本文42P)
備考DLSite専売

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

Connect-少女は触手と愛をつむぐ- 感想

一人ぼっちの寂しい少女が不思議な異形の怪物と出会い生活する過程を描いたフルカラーコミック。

無垢なロリっ娘お嬢様と触手の組み合わせが素晴らしや

ストーリーは…

ある日のこと、友達のミィちゃん(白猫)を追いかける「ルシェット」ちゃん。
そんなミィちゃんはルシェットちゃんの父親の部屋に入り込んでしまいます。

父親に部屋には近づくなと言われているルシェットちゃんは一度は探すことを諦めますが、その後も帰ってこないミィちゃんを心配し、数日後父親が出かけている隙をついて部屋に侵入。
そこで出会うのが、今作のキーパーソン異形の怪物だった…という流れ。

出会うまでのエピソードはサンプルで閲覧できます。

5Connect-少女は触手と愛をつむぐ-

その後、異形の怪物と一緒に日常生活を送るのがこの作品のメインストーリーになります。

作品全体(エロを含む)の推しは上記の一緒に日常生活を送る部分(異形の怪物仲良くなっていくパート)

父親は研究で忙しく、おそらく幼いころから母親がいなかった(亡くなった描写はありませんが、本編で登場しないこと、また本編中のとあるシーンを考えるとそれに近い状態なのかなーと予想)ため、一人寂しく日々を過ごしてきたルシェットちゃん。

そんなルシェットちゃんの前に現れた異形の怪物「ギィギ」(命名ルシェットちゃん)は、一緒に遊んだり一緒にご飯を食べたり一緒に寝たり…などなど、彼女に初めて1人じゃない毎日を与えてくれます。
もちろんルシェットちゃんもそんなギィギに対して、徐々に信頼を寄せていき…

この過程が見どころ。ルシェットちゃんの日々が色づいていくの本当素晴らしい!

エロシーンもあるため、日常シーンは断片的になってしまう部分はありますが、そこもルシェットちゃんとギィギがどんな日々を過ごしてきたか~を読者が想像できるポイントになるので良き。

エロシーンは

メイドさんと話している最中にエッチなことをされるシチュ。女の娘座りのような形でスカートの中にギィギを隠す。隠している間ギィギの触手で股間を愛撫される

6Connect-少女は触手と愛をつむぐ-

 

お風呂場シチュ。立ちバックで足からお尻まで徐々のぼられ膣挿入される。挿入後はバックの体位に変わり最後は絶頂

 

眠姦シチュ。測位で愛撫後。正常位で膣挿入。途中寝ぼけている状態での目覚め(犯されているのは夢ぐらいの感覚)あり

射精系のエロはなし。お風呂場シチュ以外は3~4ページほどの内容と短め。
ストーリー重視なこと、また後編を出すことが示唆されていることもあり、エロは全体的にあっさり目の印象でした。

エロは快楽を感じて絶頂する系。
嫌悪はないので凌辱ではありませんが、ルシェットちゃんが同意してエッチなことをしているわけではない(エッチなことに対して無知)ため、純愛かと言われると人によって判断は分かれるかも。

私的には無知な女の娘がエッチな目にあって気持ちよくなっちゃう(ただし何をされているか、気持ちいいという感覚などはよく分かっていない)ぐらいの認識がいいかなーと思います。

ちなみにセリフは、声にならない喘ぎ声だったり、あっなどの喘ぎ声中心です。

総評としては今年当ブログでレビューした異種和姦本で一番!と言えるぐらい良かったです。
もちろん後編次第ではありますが、現時点ではそれぐらいポテンシャルがある正統派の異種和姦本でした。久々にワクワクした。

前編(この作品)は父親が帰ってきたとこで終わる不穏な内容でしたが、後編の最後にはルシェットちゃんが幸せになってくれたら嬉しいですねー。間違ってもクマさんのぬいぐるみの手を自分で自分の頭に乗せて慰める辛い過去には戻らないで。

DLSite
Connect-少女は触手と愛をつむぐ-

コメント