わだつみと少女 【第4話】 レビュー

※ネタバレ注意

0わだつみと少女 【第4話】

作品詳細
わだつみと少女 【第4話】

出版社名 > レーベル楽楽出版 > マガジンサイベリア
著者名焼塩
ページ数22
備考dmmb形式。

※ページ数はdmmを参考にしています。

わだつみと少女 【第4話】 感想

町に伝わる神様の伝説の真偽を確かめるため洞窟に向かった女の娘が犯され快楽にはまっていく過程を描いたコミック。第4話。

まさかの連続過去編。

3話のレビューは下記。

わだつみと少女 【第3話】 レビュー 0わだつみと少女 【第3話】

4話も3話と同様過去の話が描かれます。

内容は3話と同じく平和に暮らしてた村に不漁が起きてしまい、仕方なく若い巫女が自ら生贄になるというもの。そのためアイリちゃんなどは主要キャラの登場はなし。エロについても表紙の女の娘がメインになります。
DMMのサンプルがその内容に当たりますね。

ちなみに3話との違いは

  1. 今回は約100年前のお話(3話は300年前だったので、それより後に再度起こったというもの)
  2. 300年前の巫女は生贄となり帰ってこなかったが、今回は帰ってきたこと

の2点。

正直連続で過去編、それも3話に近い内容なので、ん?っと感じる部分はありますが…。まあ最終話まで読んでみてからその辺りは考えましょう。

エロのプレイ相手はワダツミ様(3話のワダツミとは別)とその触手。イメージは下記。

4わだつみと少女 【第4話】

シーン内容は

  • イラマチオされ媚薬を飲まされる。その後触手に愛撫され絶頂。膣内に媚薬?の液体を流し込む描写あり
  • ワダツミ様に正常位で膣挿入中出し。中出しと同時に絶頂
  • 抜かずの2回戦。バックや騎乗位様々な体位を通じて最後は背面座位で中出し。中出しと同時に絶頂

エロの傾向は嫌悪しながらも身体は感じて系。

1回戦目は媚薬効果を受けつつも、いやだぁお願い抜いてぇなどの嫌悪や懇願をしつつも、快楽に呑まれてイクううううといって絶頂します。
2回戦目は快楽堕ちて、ナカツワタツミ様激しいものもっとちょうだい…♡や、イクううぅぅ♡♡♡などのハートマークがついたセリフに加え、エッチなことに積極的になります。

3話のヒロインが変わった + 快楽堕ちエロが増えた感じですね。

4話の終わりで主人公のアイリちゃんが触手に這い寄られて終わるので、次回はアイリちゃんのエロになるのかな?主人公エロなので期待したい。

DLSite
わだつみと少女【第4話】

DMM
わだつみと少女 【第4話】

コメント