ロールディアの翼 レビュー

※ネタバレ注意

ロールディアの翼

 

作品詳細
ロールディアの翼

サークル名 ウォータースプーン
ゲームジャンル アクションRPG
ボイス あり
プレイ時間

3時間半程度(1周目クリア時間。総プレイ時間だと10時間ほど)

体験版 あり
備考  

 

どんなゲーム?

フィールドパートとダンジョンパートを活かして進めていくフリーシナリオ型のアクションRPG。
というわけで今回は2つの部分の説明。

 

フィールド

フィールドパートは情報集めになります。例えば下記街の状態で

街フィールド画面1
商業区内の人に話かけると

商業区内の街の人に話しかけるシーン1

商業区内の街の人に話しかけるシーン2

情報がもらえ…

街フィールド画面2

フィールドに新しく行き先が出現するといった具合です。

それ以外にも

  • ストーリーイベント
  • アイテム取得
  • エロイベント

があるので新しい街やイベントが進むたび、様々な人に話しかけていく必要があります。

 

ダンジョンパート

フィールドや街から突入し挑むダンジョンパート。

ダンジョン内に設置してある魔方陣を見つけて階を進めていく仕様。

プレイヤーの操作方法は

  • shiftキーかCキー…攻撃
  • AキーかVキー…魔法
  • Sキー…ダッシュ

Sキーを一度押せばもう一度Sキーを押すまでひたすらダッシュできますが、ダッシュ中は攻撃ができないので敵がいるときは解除する必要があります。

エロは戦闘中に行われ

  • セクハラ
  • ぶっかけ
  • 服破れ

と様々。HPが0になると本番系のエロシーンに突入。というわけでプレイ動画。

基本犯されてもゲームオーバーはありません。

 

感想

盗賊に奪われた城を取り返すため、主人公「アルマ」が奮闘するアクションRPG。

見た目七変化可能な無口系ヒロイン。名前変更可能ですが、ここではデフォルトのアルマで通します。

物語の舞台はベルン地方。
そのベルン地方の東に位置する森の中にある、ローメニアという国に住む主人公アルマちゃんが祝福を受けるため、森のダンジョンに挑むところから物語は始まります。

ゼルフィナさんと共に祝福を受けに行くアルマちゃん

いきなりダンジョンスタートですがゼルフィナさんという保護者枠がいるので、サクサク進めることが可能。いわゆるチュートリアル。

森の祝福を無事受けたアルマちゃんは、その後家に戻り就寝。しかしその夜…

何者かに襲われたところをゼルフィナさんに助けられるアルマちゃん

ローメニアは何者かによる襲撃に合い一夜にして陥落してしまいます。ゼルフィナさんのおかげで唯一ローメニアから脱出できたアルマちゃんは、ローメニアを取り戻すため様々な街やダンジョンを訪れ攻略する…というのがプロローグ。

とは言いつつ、フリーシナリオなので城を取り戻さず他のエンディングを迎えることも可能です。

ゲームの特徴は上でも挙げたフリーシナリオ。

  • 街の人に話を聞く
  • 情報をもらい新しいダンジョンが出現
  • 新しく出たダンジョンを攻略するとさらに新しい街やダンジョンが出る

とガンガン進める場所が増えるので、何からやっていこうか?と考えるくらいボリュームがあります。

1周目クリアの段階では3時間半程度でしたが、全てのエンディングを見たりエロ集めした結果総プレイ時間になると約10時間ほどとそれなりの長さになりました。

私的に好みなステージは鏡壁洞窟と

鏡壁洞窟

 

古の都

古の都

特に古の都はBGMや物語の雰囲気もあって大変好みでした。

エンディングは全6種類。強くてニューゲームをしないとエンディング見れないと思ってましたが、1周目のデータでもエンディングは全て見ることができました。

私が最初に到達したエンディング3のローメニアを救う内容だと、ローメニアを襲った人物とかその他もろもろ謎のまま終わりましたが、エンディング1を見ると謎がある程度解決したので、一応メインのエンディングとしては1っぽい。

エンディングを見る方法については攻略wikiがあるのでそちらを参考に。私も参考にしました。

世界観やストーリーは全体的にふわっとした感じと言えばいいのかな?よく言う雰囲気ゲーというやつ。

完全に解決して終わるわけではなく、今後どうなるのか?とかこれはどういったことなんだろう?といった考察できる感じで終わるものが多々あります。

私的にそれを一番感じたのはエンディング4。

とある女の娘を街まで運ぶという内容なのですが、女の娘が行きたかった街は太古の昔にあったと言われる幻の街だったり、頑張ってその街に辿り着いた先にいた人物がまさかの人物だったりとなかなか考えさせられる内容でした。

難易度としては簡単な部類。ただしじっくり遊ぶ人の場合。

プレイした感じ、お金を稼ぐ方法がそれなりにあるんですがもらえる金額が少ないので、地道に貯めて武器を強化しないと後半のステージの敵はヒット&アウェイみたいな戦法を使ってもかなり厳しいです。

ダッシュで敵をまいて進めるという方法もありますが、敵と隣接するとこちらの攻撃が攻撃範囲の関係で当たりづらくなるため敵に囲まれると、問答無用でボコられてエロシーン…となるのでかなりリスキー。

また右下にある

街フィールド画面1

VITの項目が一定以上減るとアルマちゃんが行動できくなったり、攻略wikiなどを使わない場合、イベントが進むたび一度行ったダンジョンや街を再度巡ったりしないといけないのでかなり時間を使います。

流石に街で食事をしないと進まないは分からなかった…。

その他エロの部分で売りになる服などのパーツに関してもショップで購入が基本となるので、のんびりゲームとして遊ぶ分にはストーリー性など含め非常にやりごたえがあり楽しめると思いますが、サクッと遊んでエロを楽しみたい方にはちょっと厳しい仕様かなと感じました。

 

回想は回想閲覧のアイテムをゲットしたうえで、一度エロの体験をすることで閲覧可能。回想閲覧のアイテムをゲットしないと回想は見れませんし、アイテムをゲットしても一度エロをアルマちゃんが体験しないと解放されません。

回想で見られるエロのシーン数は

  • アロマ15シーン
  • その他キャラ5シーン

の計20シーン。

エロはアロマちゃんのエロは基本的に立ち絵エロのアニメーションが中心で、他のキャラクターはイベントCGエロ(アニメーションなし)

なのでアロマちゃんがエロの中心と考えていいかと思います。回想で見られるエロシーンは

  • 精液便所として犯されるエロ2シーン
  • 踊り子して見ているお客に襲われるエロ
  • 壁尻
  • ボロ小屋に連れ込まれ輪姦
  • 眠姦輪姦
  • モンスターに敗北しさらわれ性処理として扱われる8シーン
  • 検問所身体で支払い(フェラ)

大雑把に分けるとこんな感じ。

ただこの回想で見られるエロはアロマちゃんのイベントエロや一部の敗北エロのみが収録されており、戦闘や売春系のエロは見れません。

戦闘や売春系の立ち絵エロも含めるとかなりの数になるんですが、エンディングを迎えても回想の解放はないのでシーン数は不明。

ざっくり確認した感じだと戦闘エロは

  • ローパー系11シーン
  • インプ2シーン
  • オーク
  • 対人(盗賊系)
  • ゴブリン2シーン
  • ゲイザー(一つ目型触手モンスター)2シーン
  • ワーム2シーン
  • スキュラ(触手モンスター)

上記モンスターがお相手のはず。スキュラはモンスター娘なので一応レズプレイ。

後はエロトラップとして

  • スライム
  • 触手

なども確認。

戦闘で犯されるシチュは体位がいくつかあり、体位はランダムで選択されます。

アルマちゃん×触手1

アルマちゃん×触手2

 

複数のモンスターに囲まれると輪姦され、2穴3穴を犯すプレイにまで発展。

アルマちゃん×触手輪姦

また犯されてる間は胸などの特定部位を責められるとその部分を拡大した吹き出し的なものが現れます。そのあたりはどんなゲーム?の動画を参照。

精液ぶっかけられた状態で犯される点が非常にシコい。

通常は断面図の隣にあるゲージがマックスになると射精になりますが、Wキーを押すと即射精可能。断面図OnOffなどのシステム面もいじれるので使い勝手もなかなか。

またver1.10から射精ゲージの上昇をストップさせるループモードが追加されました。onにするとゲージ上昇ストップoffにするとゲージがまた上昇するので、アルマちゃんの絶頂する姿をひたすら眺めたり、こちらの好きなタイミングで射精させるのがWキーの即射精よりさらに容易になりました。

即射精だと襲われてるときしか使えないからね。何とはいわないけどずれるともやもやするのです。

モンスターに襲われる以外だと

  • イベントでの眠姦パイズリ
  • トイレの放尿や失禁
  • 自慰
  • 売春

こちらも立ち絵やその部分を拡大した吹き出し的なものが現れる仕様。

後は調教的な要素もあるんですが

アルマちゃん調教結果

こちらは数値が高くなると、セクハラ時のORGの上昇率が上がるぐらいしか最後まで分からず…。もしかするともっと値が必要なのかもしれない。

その他エロの魅力は大量の着せ替え要素。着せ替え要素は下記のサンプル画像を見ていただくと分かると思いますが、

アルマちゃん服装サンプル

  • 腕に着けるもの
  • 頭につけるもの
  • スカート
  • ズボン
  • 髪色
  • 肌の色

などなど豊富な選択が行えます。自分好みの恰好を女の娘にさせ、ダンジョンに潜らせ襲わせる…。着エロ好きは大変興奮できるシチュ。

ただ戦闘時の服ボロまでは着エロですが、本番まで行くと基本に設定してある服以外はひん剥かれてしまうため、上下完全着衣の着エロでの本番はありません。

フェラなどの一部は着エロになりますが、完全着エロが好みの方は体験版をプレイして確認した方がいいかも。

この点は残念といえば残念ですが、1枚1枚描くとなるとやばい物量になるし仕方ないですね。

 

まとめ

ファンタジーな雰囲気を味わえるボリュームあるストーリーに加え、立ち絵を活かしたレベルの高いエロアニメーションでエロさも凄いと大変素晴らしい作品でした。

数は多くありませんがもぐもぐおやすみなどところどころ入る可愛らしいボイスや、発情した時のハァハァ声とセクシー声などありキャラも非常に魅力的。

唯一懸念点があるとすればプレイ時間かな。攻略サイトを使っても全体的に長くなると思うので、興味がある方は時間に余裕があるときに触った方がいいかもしれませんね。

 

DLSite
ロールディアの翼

DMM
発売していないみたい

コメント