百鬼夜姦「蟲地獄編」 レビュー

 

百鬼夜姦 蟲地獄編

 

サークル名 アマツカミ
ページ数 28
備考  

※ページ数はDLSiteを参考にしています。

 

感想

蟲妖怪たちがロリっ娘を犯して苗床にするコミック。

アヘ顔いっぱい。
百鬼夜姦シリーズというシリーズの1つみたいですが、この作品だけでも特に問題なく楽しめます。

エロまでのプロローグは学校の遠足でとある山に遊びにきた夢子ちゃんがバレーボールをするシーンからスタート。

夢子ちゃんバレーボールシーン

ですが友達が打ったボールが森の奥へ入ってしまいます。
夢子ちゃんはそのボールを取りに森に行きますが、その森は蟲妖怪が住む魔の領域。
そうとは知らず、森の奥深くまで入り込んだ夢子ちゃんは…

夢子ちゃんと妖怪「百足」

蟲妖怪「大百足」に捕まり苗床にされてしまう…というストーリー。

 

エロは言葉は嫌がるけど身体は感じちゃう系。最後は快楽堕ちして自分から求めます。

プレイ相手は

  • 大百足
  • カマキリとハリガネムシ(3P)
  • クワガタとカブト(3P)

の5体。ただクワガタとカブトは2ページほどのおまけレベルなので、実質のエロは

  • カマキリとハリガネムシ
  • 大百足

であり、さらに言えばカマキリとハリガネムシのシーンでも大百足は登場するので、基本的に夢子ちゃん×大百足のエロが中心と思ったが方がいいかなぁと。

プレイ内容は

  • 69(イマラチオ)
  • 体内貫通
  • クリが巨大化(ふたなり化クラスの大きさになります)し、実物サイズの蟲にたかられ愛撫される
  • 産卵・出産
  • 子宮脱
  • ぼて腹
  • 異形化
  • 失禁

異種姦作品の中でもかなりハード目な内容。
一般的な異種姦と比べると挿入時の腹ぼこ描写がないぐらいかな。もっとも挿入時にはないだけで体内貫通や出産時にはありますけど。

サンプルCGで異形化以外は普通の蟲姦と思った人はいったん待った方がいいかも。下記レベルの内容が大量に入っているのでそれを見て問題ないと言える人じゃないとエロとしては厳しいです。
※クリックで画像閲覧

夢子ちゃん×カマキリ&ハリカネムシ体内貫通

私的には体内貫通と異形化が印象的。

  • 百足に舌を入れられ口からアナルを貫かれる
  • ハリガネムシにアナルから口を貫かれる

と2回ある上両方ともがっつり描写されていているので滅茶苦茶印象に残りましたね。

異形化はサンプルCGで夢子ちゃん異形化モザイクかかっているので見せらないですが、芋虫型と言えばいいのか。蟲みたいなサイズの身体に脚が8本で頭だけ夢子ちゃん。その状態でのプレイもあり。

あまり異形化を見ない(あっても肌の色や耳やしっぽがつくレベル)自分としては新鮮でありうわぁ…という感じだったり。

 

個人的な感想としては一番最初の

夢子ちゃん破瓜シーン

破瓜シーンから中出しまでのプレイは良かったんですが、その後はちょっとハードすぎてエロとして使うには厳しかったかなぁ。

私の領分は嫌がる女の娘を孕ませるのがメインであって、女の娘を壊す要素が強めのエロは得意じゃないみたいです。

心だけじゃなく身体も破壊したい、超ドSな方向けだと後半も興奮できるのかな?気になる方は自分がどれくらいSかを考えたうえで検討してみるといいかもしれませんね。

DLSite
百鬼夜姦 蟲地獄編

DMM
百鬼夜姦 蟲地獄編

もしよければクリックお願いします

コメント